骨盤矯正で具体的な手法とそれに伴うメリットを解説します

自分でする骨盤矯正のメリットやデメリット

骨盤のゆがみは普段の生活や習慣からも起こってしまいます。左右の足の長さが違うように感じる、靴のかかとの減りが左右で違う、片側ばかりでカバンを持つ、足を組むなどが当てはまる人は要注意。骨盤が歪んでしまうと太りやすくなったり、腰痛、冷えなどの症状にもつながってきますので注意が必要です。特に女性の場合妊娠や出産などによって強制的に骨盤が開かれます。何の対策も取らないときちんと元の位置に戻らず、様々な体の不調となって表れてしまうことがあります。そんな時に助けとなるのが骨盤矯正です。整体院などでの施術が一般的ですが、自分ですることもできます。自分でするメリット、デメリットとはどんなものでしょうか。その方法と具体例を挙げながら確認してみましょう。

自分で骨盤矯正する場合のメリット

自分でできることの最大のメリットはやはり料金がかからない、または低く済むということです。自分でできる骨盤矯正にはストレッチとエクササイズがあります。方法は各種ありますが、特別な道具もいらず難しいものではないものが多いので自宅で簡単にできるのが魅力です。少し余裕があるという場合には自宅で骨盤矯正ができるマッサージチェアや、骨盤を引き締めて正しい位置に戻す効果が期待できる下着などを購入するのもよいでしょう。どちらも自分のペースで無理なく実践できるので長く続けていくことができます。また、生活習慣を改めるなども立派な矯正方法です。左右均等に荷物を持つ、足を組まないようにする、適度な運動をするなどが効果のある予防方法です。いくら矯正をしても生活習慣の改善がなければまた元に戻ってしまいますので、長くいつでも続けることができるセルフケアは大きなメリットになります。

本当に効果があったか見極めが難しいセルフケア

どんな分野でもプロの目でみるのと素人が自己判断するのでは大きな違いがあるものです。特に目に見えない骨盤の状態などは、いくら自分の体であるとはいえ、正しい位置かそうでないかを判断することは難しくなります。それでも効果があることを信じて行うのがセルフケアなのですが、果たして本当に正しくできているか、効果があったか、分からないのがデメリットといえるかもしれません。同じ方法で骨盤矯正を行っても個人差で効果があったりなかったりしてしまいます。それに気が付かず,真違った方法を続けていても効果が表れないばかりか、逆効果になってしまう恐れもあります。その点プロの施術を受けることは、技術と経験によってそれぞれの状態にあった適切な処置がしてもらえるので安心です。