骨盤矯正で具体的な手法とそれに伴うメリットを解説します

産後の骨盤矯正のやり方をご紹介します

産後はまだ体調も万全ではなく、体力も衰えています。産後の肥立ちが悪いと後々まで影響が出てくるといわれますが、その大きな原因が骨盤の開きによるものです。産後にきちんと静養をしないと開いた骨盤が元に戻らず、女性にとってつらい症状や不調に悩まされる原因となります。骨盤矯正は産後の骨盤を正常な形に戻すために効果的な方法ですが、整骨院など特別な場所で行う以外にも自宅で簡単にできる方法があります。コストもかからず、気が付いたときにいつでもできるので骨盤が気になる女性はぜひ実践してみましょう。ただし、産後の体の状態は人それぞれ回復度合いが変わってきます。目安は悪露が落ち着いてきた、帝王切開の場合は傷の落ち着いてくる3か月以降を目安に始めるようにしてください。

お尻歩きで簡単らくちん骨盤矯正

自宅でできる骨盤矯正方法のもっとも簡単なものは、お尻歩きの運動です。まずは床に体育座りをしてください。そのまま両足を20㎝ほど浮かせます。産後は腹筋が衰えているので少々難しいかもしれませんが、だんだん慣れてきますので頑張ってください。そのまま左右のお尻を使って前に進みます。部屋の端から端まで進んだら今度は後退します。後ろに進むのはバランス感覚が必要なので倒れないように注意してください。簡単そうに見えるこの運動、実は骨盤が歪んでいるととても難しい動きです。1日1回でいいので気が付いたときに3分ほどこの運動をしてみましょう。腹筋も鍛えられバランス感覚も養えるのでおすすめです。最初はゆっくりで構わないので、歩く時のように腕を振ってリズミカルにお尻を動かすようにしましょう。

骨盤矯正に効果的なストレッチ方法

エクササイズのほかにもストレッチを合わせることで効果がアップします。エクササイズはまだ難しいというときにもできるので覚えておきましょう。まず、骨盤を正しい位置に戻すためにはひねりの運動が効果的です。長座の状態になり背筋を伸ばしてください。片足を曲げもう片方の脚の外側に置きます。伸ばしたほうの脚の側の腕を曲げた脚の膝に引っ掛けます。それからゆっくりと曲げた脚のほうへ体をひねります。上半身をまるごとひねるように頭も動かしましょう。その時背筋が伸びているかチェックしてください。反対側も同じように行います。ゆっくりとした動きで限界まで来たら30秒キープするようにして2セット行いましょう。骨盤は普段の生活でもずれてしまいます。足を組む、同じ姿勢でいることが多い、横向きで寝ることが多いなど、当てはまる方は注意して、エクササイズとストレッチで正しい骨盤の位置に戻してあげましょう。

当サロンは東京都に池袋と銀座の二店舗がございますので、東京都心、都下はもちろんのこと関東首都圏が対象エリア です。 骨盤矯正・産後ダイエットのことなら当サロンにお任せください! 産後骨盤ダイエットは骨盤専門スタッフのいる当サロンにお越しください。 骨盤矯正は、症状緩和や小尿などの効果があります。 お客様一人一人の体に合わせた施術を心がけております。 骨盤矯正は東京ボディセラピストサロンがおすすめ